認可保育園と幼保連携型認定こども園の違い~保育園編~

育児

保育無償化や認定こども園が増えたことで、保育施設の選択肢が広がったお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

認可保育施設となると、待機児童問題でそれどころじゃない地域もあるとは思いますが…

わが子をなるべくよい環境や施設にお願いしたい気持ちは、どのお母さんも一緒だと思います。

 

我が家は、長女の時に認可保育園に限定しての保活を経験し、その後次女のときに幼保連携型認定こども園に転園しました。

転園に至った経緯を踏まえながら、この2つの園を比較してみます。

 

認可保育施設

認可保育園(正確には認可保育所)も、認定こども園も、国の法律に基づいて自治体が認可した保育施設です。

自治体で決められた設置・環境・職員数等、一定の基準をクリアしているという意味では、信用度は高めだと思います。

認可保育園のイロイロ

次女が2歳までお世話になった保育園は、長女が1歳の頃からお世話になっていたので、合計6年間お世話になりました。

次女転園の際は、私の卒園かと思うほど、先生方と泣きました。笑

入園まで

入園の面談は市の職員が園に来て園長先生と三者面談。

家庭での保育状況や、他に保育できる人はいないか、健康状態等を聞かれた記憶が。

地方ですし、ユルユルでしたが、それでも保育園の場所がちょうど郊外では人気の地区だったこともあり、1,2歳児の枠はほぼ空きなし状態で、長女の保活はヒヤヒヤでした💦

面談をした市の職員の方に、「他に●●保育園や〇〇保育園もありますよ」と職場とは全く方向違いの園をやんわり勧められたり。

実際、希望の保育園に入ることができなかった友人は、1年間、少し離れた保育園に入園せざるを得なかったり。

全国に「待機児童0」と謳っている割に、裏ではこうなっていたのか…と思ったりしました。笑

申請書は、市役所へ直接届けに。

幸い、我が家は主人も私も朝から晩までガッツリのフルタイムだったこともあり?、希望の保育園に合格。

長女が1歳になってすぐに入園できました。

保育時間

認定区分は、未満児の時は3号認定。

3歳以上になってからは2号認定。

どちらも標準時間(11時間)で、次女出産時の産前産後休暇の時だけ短時間(8時間)にしました。

通常保育時間が朝8時から夕方は18時まで。

それより早い(7時半から)又は遅い時間(19時まで)になると、改めて勤務時間を証明するものや時間外の追加保育料が必要というシステム。

土曜は、第1第3については希望保育。

私は完全土日休みだったので利用したことはありません。

世の中の「長期休み」は一切関係なし。

お正月やお盆の完全お休みはあったけど、その他は「希望保育(弁当)」でなんとかまかなえました。

それと、私の持論ですが「保育園は槍が降っても開園する」と勝手に揶揄しているくらい、開園日に当たる日は何が何でも開園する印象です。

数年前、数十年ぶりに豪雪で地域全体が完全麻痺状態でしたが、道もない除雪車さえ来ないような1日目でも保育園が開いていたのには驚きました。

(預けて出勤した自分にも驚きますが。)

その他、バス・保育料・服など

自分で座席に座れるようになると、通園バスを利用することができ、長女は2歳半頃からバス通園に。

天候により時間は大幅に左右されたけど、雨や雪、風が強い日は本当に、バス様様でした✨

保育料は、収入によって区分が決まっていて、ガッツリフルタイム共働き世帯でそこそこの区分にいた我が家、長女が未満児の時の保育料がかなりキツかったです…

とは言え、日割に換算し、1日2000円ちょっとで幼子の命を預かって、心身の発達の手助けまでしてくれるんだと思うと、本当に保育園てスゴイですよね。

自治体によって基準は変わりますが、私の市では同時期に兄弟で在園していると下の子の保育料が半額になるシステムがあり、我が家も1年だけその恩恵にあやかることができました。

1人分の未満児保育料より、2人分の保育料の方が安かったです。笑

服装は、未満児は自由服。

3歳児以上は体操服。

保育園では、一般的な制服はなく、体操服が園での正装でした。

人数

昔ながらの、地域に根差した保育園なので、人数は「それにしては多い」程度。

未満児以外は、各クラス2人ずつ担任の保育士さんがいて、若い先生よりベテラン先生の方が多かったです。

実は、次女は生後6か月からお世話になったのですが、長女の時から勝手知ったる施設で、先生方だったからこそ安心して預けられた部分が大きかったです。

4月生まれのため0歳児クラスを2年過ごし、1歳児クラスを経て、今の子ども園に転園しました。

転園の決め手

母子の三角形を小さくしたい

転園を考え始めたのは、次女が1歳児クラスで早々に2歳になってからでした。

長女が小学校に行きだすと、次女の保育園だけが職場とは反対方向なことが気になり始めまして…

長期休みに入ると特に、全く別方向の保育園と児童クラブに2人を預けてから会社に向かうのに時間がかかることで、私の職場と長女・次女の三角形をなるべく小さくしたいと思うようになったんですよね。

特に冬休み。

1時間以上かかる。笑

そして、保育園が分園し、新しい園が設立されるにあたって、校区外の我が家まではバスの対応ができないと言われ…いよいよ転園を考え出しました。

「保育」よりも「幼児教育」が合ってる?

次女は、4月生まれなこと、姉がいることもあり、とにかく何でも楽しんで理解し、自発的に進める子でした。

長女が3月生まれで、比較対象になった部分も大きかったのですが、長女には保育園で成長をしっかりサポートして貰えたのがよかったと思うように、次女には次女の育ち方があるのでは?と考えるようになり、「幼稚園」が浮上したんですね…

小学校の近くにあった幼稚園

長女の小学校の近くに幼稚園があり、もともと教育が盛んだということは聞いていました。

まぁ、文科省管轄なので。そうなりますよね。

ただ、「幼稚園」なので…

そして、私フルタイムなので…

まず時間。何より時間。

幼稚園自体は2歳児クラスからあるとのことで試しに問い合わせて色々と聞いてみましたが、

・保育(教育)時間は大体4、5時間

・午前中で終わることが週に1,2回

・お弁当が週に2回ほど

・長期休みは預かり保育になるけど、預かる園児は少なく、活動も通常の幼稚園活動とは変わる

・預かり保育は全てお弁当

時間と弁当のことにしか触れてませんが(笑)、とにかくフルタイムで働くお母さんには向いていないシステムなことは理解できました。

 

もう1つ、幼児教育が盛んな子ども園があったけれど、場所が現実的ではなく、他に近くの子ども園も調べたけれど、何かが違い…

 

結局、夏前から調べ始めたものの、全く進まないまま秋を迎えました。

 

同じ子ども園なのに「何かが違う」

今思えば、同じ子ども園でも、種類があるんですね。

当時は全くわからず進めていましたが、次回からようやく、子ども園についてお話していきます。

なんだかただの昔話のようで申し訳ないのですがw、それなりに比較の材料としてまとめていくので、気長にお読みいただければと思います。笑

 

では、次回につづく!

↓この記事を書いたのは…↓
ADU
ADU

アラフォーOLのADUです。
ベンチャー勤務2年目の”自由形”フルタイムワーママです。

それまでのどん底人生にサヨナラして、今は、仕事も育児も1人の女性としても、アラフォーを自由に、そして全力で楽しんでます♪

詳細・今までのことは『プロフィール』からどうぞ^^

このブログでは、
・今なら間に合うお肌や身体のお手入れ
・アラフォーを自由に楽しむマインド
・安定企業ではできなかった複業・投資の話
・大人アトピーが完治した美容と健康の話
・アラフォーワーママの日々
などなど…を綴っていきます♡

同じ世代に限らず、いろんな方とこのブログを通じて繋がれることを楽しみに、毎日更新していきます♪

どうぞよろしくお願いします!

ADUをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

育児
スポンサーリンク
シェアをお願いします♡
ADUをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーワーママの美容とお金と育児の話

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました