人生における優先順位

アラフォーマインド

ある教授のクイズから学ぶ

その壺は満杯になったか。

「さあ、クイズの時間だ!」

大学教授は、そう言って大きな壺を取り出し、それを教壇に置きました。
その壺に、教授は一つ一つ石を詰めていきます。
壺が一杯になるまで石を詰めた後、教授は学生達に聞きました。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えました。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツ一杯の砂利を取り出します。
そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りました。

すると砂利は、石と石の間をきれいに埋めていきます。

教授は、学生達にもう一度聞きました。

「この壺は満杯か?」

学生達は答えられません。
すると、一人の生徒が「多分違うだろう」と答えました。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出しました。

そして、それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を。

「この壺はこれで一杯になったのか?」

学生は声を揃えて、「いいや」と答えました。

教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと水を注ぎます。
そうして、彼は学生に最後の質問を投げかけました。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか?」

一人の学生が手を挙げました。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです。」

「それは違う。」と教授は答えます。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地はその後二度とないということなんだ。

君たちの人生にとって”大きな石”とは何だろう。」


教授は話し始めました。

「それは、仕事であったり、志であったり、自分の夢であったり……

 ここで言う“大きな石”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君たちはそれを永遠に失う事になる。

 もし君たちが小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしたならば、君達の人生は重要でない何かに満たされたものになるだろう。

 そして大きな石、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう。」
と。
 

「やりたいことはやるべきことをやってから」

幼少の頃から、そう教え育てられた人は少なくないのではないでしょうか。
 
それ自体に間違いはないと今でも思っています。
だけど、少々それに捕らわれたまま大人になってしまった感が否めません。
 
大人になり、役割が増えるのと、必然的に「やるべきこと」が倍々になるし、身体も手足も増えない。
どんどん「やりたいこと」から遠ざかっていくし、それ自体が、大人の勲章のようになっていく…
 
これは、当時のそんな状態の自分に、喝を入れてくれるようなお話でした^^
 
みなさんは、どんな石から詰めていきますか?
↓この記事を書いたのは…↓

アラフォーOLのADUです。
ベンチャー勤務2年目の”自由形”フルタイムワーママです。

【出身】地方生まれ、地元から出ることなく現在に至る
【年齢】1980年9月生まれ
【家族】夫、8歳と3歳の姉妹
【好きなこと】スキンケア、お酒
【座右の銘】ゴールを100%外すのは、打たなかったシュートだけ

2年前に、16年間勤めた超ド安定企業を退職。

それまでのどん底人生にサヨナラして、今は、仕事も育児も1人の女性としても、自由に全力で楽しんでます♪

詳細は、『プロフィール』からどうぞ^^

・安定企業ではできなかった複業、投資やお金の話
・大人アトピーも治せた美容と健康の話
・所属する各コミュニティでの情報や感じたこと
・アラフォー女性視点の日々
などなど…
を綴っていきます♡

同じ世代に限らず、いろんな方とこのブログを通じて繋がれることも楽しみにしています♪

どうぞよろしくお願いします!

ADUをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

アラフォーマインド仕事とビジネス日々のこと
スポンサーリンク
シェアをお願いします♡
ADUをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーワーママの美容とお金と育児の話

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました