体脂肪率を測るのに最も適した時間とは

肌とカラダ

体脂肪率計測、そのタイミングは間違い×

体脂肪率を測るのに、最も適したタイミングがあること、ご存知でしょうか。

今までは、朝起きてから飲まず食わずのまま着替えのついでに計測していました。

それが1番体重が軽いと確信しているタイミングだったから。笑

毎朝、ほぼ同じ時間・タイミングです。

にも関わらず、体脂肪の変動が激しかったり、「身体(お腹)空っぽなはずなのにこんなに?!」と思うような体脂肪率だったり…

なので、仕組みついて調べてみたところ、驚きの事実が。

朝一番に飲まず食わずで全てを脱いで測るのはNGでした!
(なんとなくわかってたけど!笑)
 
では、どのタイミングで測るのがいいのか。
それにはまず、体脂肪率をどう計測しているのか、少しだけ仕組みを理解した方がよさそうです。
 

体脂肪率の計測方法

体脂肪率は、電気の抵抗値で決まる

体脂肪率は、身体の中に微量の電気を通して、その電流の値と電圧の値を基に算出される、電気の通りにくさ(電気抵抗値)で決まります。
 
具体的に言うなら…
 
まず、身長と体重からその人の体格が想定されます。
そして体脂肪計は、抵抗=脂肪(脂肪は電気を通さない) と決め込んでいます。笑
 
なので、その体格に対して電気の抵抗値がこのくらいなら、大体脂肪分の割合はこんなもんかなーと、割り出すわけです。
 
要は、
身体の中に電気が通りやすければ、脂肪分が少ない
身体の中に電気が通りにくいと、脂肪分が多い
 
その通りやすさ(抵抗)の値と、身長体重との割合から、脂肪率が算出されるんですね。
 

計測誤差の原因

でも、身体の中の電気の通りやすさって、脂肪の有無だけじゃないですよね。
 
それが、体脂肪率の誤差に繋がります。
 
誤差なく測るために、毎日同じ時間に同じタイミング・条件で測りましょう!と言われるけど…
タイミングっていつ?条件って何?ってなりますよね。

①電気を通す水分量の増減

「抵抗」とは逆に、「通りやすさ」に注目してみます。
脂肪とは逆です。
 
通りやすさ=水(水は電気を通す) です。
 
なので、
身体の中の水分量が多いと、必然的に電気は通りやすくなる=抵抗値が下がる
身体の中の水分量が少ないと、電気は通りにくくなる=抵抗値が上がる
わけです。
 
そして水分は、起床時から重力の影響でどんどん下におりてきます。
夕方になるにつれ、下半身がむくんでくるのはそのせいなんですね。
足だけで測る体脂肪計(体組成計)の場合は特に、下半身の水分量を重点的に測定するため、夕方以降は注意です。
 
※避けたいタイミング※
●起床時(寝ているときの発汗で脱水気味)
●むくんでいるとき
●入浴後
 

②抵抗物の有無

「抵抗」は脂肪に限ったことではありません。
 
食べ物も、脂肪と同じように電流を通しません。
 
お腹の中に物が入ると、「電流を通さない物の重さが増えた(電気抵抗が強い)!体脂肪が増えた!」と体脂肪計が誤って認識しやすくなり、体脂肪率が高めになってしまうのです。
 
体脂肪計、思い込み激しめ…
 
※避けたいタイミング※
●食後

③体温の増減

人間の身体の中の「水分」とは、体液だけでなく血液も当てはまります。

なので、血管が広がったり縮まったりすることでも、体脂肪率は変わるんですね!

例えば、運動をして体中に酸素を運ぶために血液量が増える時だけでなく、体温が高まる(血液量が増えている)時や、逆に急激に冷える(血管が縮まる)時も、体脂肪率に影響するという…。

 

※避けたいタイミング※
●運動後
●入浴後
●食後
●起床後
●急激に体温が下がったとき(服を脱ぐ、寒い部屋で測るなど)

もはや、いつ測ったらいいのかわからなくなってきました。笑

 

体脂肪率を測るベストタイミング

さぁ。

いよいよ、結論を出す時がきました。笑

 

全てのNGタイミングを合わせ、それにあてはまらない生活時間帯を割り出したところ…

●起床後
●食後2時間以内
●運動直後
●入浴直後

 

ズバリ!

入浴前がいい!

 

もうね。言い切りましたよ。笑

私にはここしかなかった…w

 

ちなみに、もし私が毎日午前中家にいる生活であれば、午前11時台です。

 

とは言え、活動時間帯に同じタイミング・条件を考慮することは難しいので、規則正しい生活を心掛けている子ども達の生活に合っている入浴の前を選んでみました^^

 

まぁ、結論としては、平均値に左右されず、自分だけの基準値でその増減を参考にすればいいということでしょうか。

その基準値を↓これ↓にあてはめて考えてくださいね♪
水分量が低い→電気抵抗が強い→体脂肪率が高い
水分量が高い→電気抵抗が弱い→体脂肪率低い
 
 
↓この記事を書いたのは…↓
ADU
ADU

アラフォーOLのADUです。
ベンチャー勤務2年目の”自由形”フルタイムワーママです。

それまでのどん底人生にサヨナラして、今は、仕事も育児も1人の女性としても、アラフォーを自由に、そして全力で楽しんでます♪

詳細・今までのことは『プロフィール』からどうぞ^^

このブログでは、
・今なら間に合うお肌や身体のお手入れ
・アラフォーを自由に楽しむマインド
・安定企業ではできなかった複業・投資の話
・大人アトピーが完治した美容と健康の話
・アラフォーワーママの日々
などなど…を綴っていきます♡

同じ世代に限らず、いろんな方とこのブログを通じて繋がれることを楽しみに、毎日更新していきます♪

どうぞよろしくお願いします!

ADUをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

肌とカラダ
スポンサーリンク
シェアをお願いします♡
ADUをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーワーママの美容とお金と育児の話

コメント

  1. より:

    起きてから飲まず食わずのタイミングで測ってます笑
    体脂肪率が暴れるのは、うちの体重計が壊れてたわけではなかったんですね〜

    • ADU ADU より:

      コメントありがとうございます!

      個人的に、み さんの暴走体脂肪率のファンなんですが(笑)、起床時が1番体脂肪率が不安定みたいです~

      まず、横から縦に重心が移動することで体内の水分が大きく動くこと、そして体温と脱水…(ボロボロや)

      なので、み さんの場合は、ワインを飲む前とかいかがでしょう?

      お腹も空いてるし体重も大丈夫そう!
      (昨夜入浴前に測ったら体脂肪は確かに低かったんですが、食後の体重とか絶対測ったらあかんと思いました。)

      • より:

        返信ありがとうございます!
        トイレしたかどうかでも結構違いありますよね。
        個人的にはいつも低そうな時に測るより、高い数値を見て運動するモチベーションにつながったらなと笑
        けど、違うタイミングでも測ってみたいですね。もっかい読み直して別のタイミング考えてみますね。

        • ADU ADU より:

          コメントありがとうございますー!
          トイレ…ほんとですね…水分か固体k(自粛

          運動するモチベーション!なるほどさすが!

          体重と体脂肪率の向上心が運動の向上心に比例するわけですね…深い…

          体脂肪率は人生!浮き沈みはドラマですね…!(壮大!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました